坂上太一 私がお酒を飲めるようになった極意、禁断の方法の効果は?

お酒が飲めなくて困っている方に朗報です。

確実に酒に強くなる簡単で効果的な方法を公開中!!

公式サイトはこちら

日本では「飲みニケーション」という言葉が存在する位、

社会人になるとお酒との付き合いの場が多数存在します。

お酒の席がきっかけで良好な関係を築けたりすることもありますしね。

でも、お酒が飲めない人にとっては苦痛でしかないですよね…

だけど、

周りの人が楽しそうにお酒を飲んでいるのを見ていると、

「自分もお酒を飲めるようになれば楽しめるのかな?」

なんて感じたりしませんか?

「何でお酒が飲める人と飲めない人がいるんだろう?」

その違いは、アルコールの分解能力が関係しているのです。

「アルコールに強い人と弱い人では、アルコールの分解能力がおよそ75倍の差」

アルコールを分解する順序

「アルコール(エタノール)」

「アセトアルデヒド(毒性)」

「水・酢酸など(無害)」

人はアルコールをこの順序で分解しています。

アルコールから分解されたアセトアルデヒドは毒性が強く、

顔面紅潮 ・頭痛 ・吐き気 ・頻脈 などの不快感を起こします。

人によってはアセトアルデヒドの処理能力に大きな差があり、

お酒をまったく飲めない体質の人もいるのです。

アセトアルデヒド脱水素酵素は5種類ありますが、

アルコール処理のほとんどは1型と2型でおこなっています。

この中で2型(ALDH2)は血中アルデヒド濃度が低い時に働く酵素ですが、

日本人の約半分くらいがこの酵素の活性を持っていません。

すぐ赤くなり不快になる人はこの2型(ALDH2)の活性を持たないためです。

日本人の約40パーセントの方が、この2型(ALDH2)の働きが弱い”低活性型”で 、

お酒が少し飲めますが強くない体質です。

2型の活性がないと 、ある人に比べて同じ量を飲んでもアセトアルデヒド濃度が

10倍以上も高くなると言われます。

日本人の約5パーセントが ”不活性型”で、お酒を全く受け付けないタイプなんです。

そして、このアルコールの分解能力には個人差があり、遺伝子により決まってしまいます。

私がお酒を飲めるようになった極意、禁断の方法 口コミ・効果

「遺伝?」

「体質?」

じゃあ、飲めなくても仕方ない?

私がお酒を飲めるようになった極意、禁断の方法は、

下戸で悩んでいた坂上太一さんご自身が、

実際にお酒が飲めるようになった方法です。

この方法を実践してみたら、

気持ち悪くなることもなく、

逆にすごく気持ちいい気分になった!?

1週間お酒を飲んでも、3ヶ月間繰り返しても、

同じ効果が得られてお酒を飲めるようになった方法です。

8年以上もかかってついに完成した

お酒を飲めるようになる禁断の極意です!

楽しくお酒が飲みたい

友達と一緒にお酒を飲みながら語り合いたい

お酒が飲めるようになって、合コンにだって参加したい

お酒が飲めるようになって、酔った時の気分を味わいたい

もし、あなたがこんな風に思っているのならば、

ぜひ、この方法を試してみてくださいね(^^)

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された

アルコール代謝能力無しの下戸な私が

たった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意で

今まで苦痛だった

飲み会も合コンも、仕事の付き合いも、プライベートも

全て楽しんでください!!

ダウンロードはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする